読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kobaの気になるトレンド情報♪

1分間で読める気になる記事を紹介しています!!

台風!!暴風警報いつまで続く?愛知県注意?!

kobaです!!

お久しぶりです。

 

ブログ更新をしていない間に台風が又、近づいて来ていますね。

 

横浜もかなり雨が強く風も強いです。

横須賀線もかなり遅れていました。

 

 

 

その台風ですが、宮古島が解除になり今度は、愛知県が危険な状態ですね。

10/1深夜から10/2早朝が強風注意、10/1深夜から10/2正午まで津波注意、10/1夕方から10/2早朝まで竜巻と豪雨と落雷に注意だそうです。

 

要するに全部ですね。

地域によっては、避難警告が出されるかもしれません。

 

気象庁 | 気象警報・注意報

 

 

この天候には「爆弾低気圧」という名称がつけられています。

物凄い速度で低気圧が発達していることで各地に豪雨と強風の被害が予測されています。

 

明日(2日)までは、厳重注意が必要ですね。

かなり、交通アクセスの乱れが予測できますので早めに出勤されたほうが良いかもしれません。

 

台風並みの低気圧という表現がされており、台風と分けているのは何故でしょう。

 

今、騒がれている台風21号ですが、実は一度、日本から去っています。

それが低気圧に様変わりして今度は日本に猛威を奮おうとしています。

 

この時期にこれほどの低気圧が急速に発達することは、まずないそうです。

やはり、異常気象が原因でしょうか?

 

 

 

数日前の夏の様な暑さが嘘のようです。

 

爆弾低気圧ですが、ちゃんと定義があります。

24時間で24hPa以上気圧降下する低気圧と定義されています。

北大西洋で発生することが多く、1年間の間に地球上で45~65個の爆弾低気圧が発生するそうです。

 

爆弾低気圧をテーマに扱った映画もあるほど、かなりドラマチックな現象とも言えます。

 

NHKでは、爆弾低気圧とは言わない?!

爆弾低気圧とは学術用語ではないので、NHKでは使わないとか。

爆弾低気圧」を「急速に発達する低気圧」と言い換えているようです。

 

NHKで用いられていなくても、世界気象機関、アメリカ、イギリスなどの気象局では、普通に使われています。

 

 

今日も最後まで読んで頂きまして有難うございました。