読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kobaの気になるトレンド情報♪

1分間で読める気になる記事を紹介しています!!

セイコーマートが「セコマ」に商号を変更?!ロゴも変更?!

 

 

Kobaです!!

 

あのセイコーマートが商号をセコマに変更するようですね。

今年の4月1日からだそうです。

 

私は関東在住なので近隣にはセイコーマートはないのですが、北海道では最大手のコンビニなんですね。

現時点で、北海道で1086店、関東で97店の規模をはかります。

 

しかし、このニュースを知らないとストアとしてはセイコーマートを継続するので、こんがらがってしまいそう。

 

一口に商号変更と言いますが、全部、変更しなくてはいけないと規模が大きいのでコストもかかります。

 

この商号変更の原因は人口の減少だとか。

小売事業だけでは経営を維持していくのが難しくなってきたようです。

今後は、小売業だけではなく原料や製造事業にもより一層、力を注いで経営維持に努めるようです。

 

今日は、シャープの吸収合併のニュースがありましたが、大手電気メーカーは軒並み経営状態が思わしくないようですね。

 

アジアに負けてしまっている感が否めないです。

候補にあがっている鳴海精密機械工業(台湾)は、2年間の期限付きでシャープの復興再建のチャンスを提示しています。

 

ただ、私は2年間では再建は難しいと感じています。

2年間で再建するには、あまりにも規模が大きくなり過ぎたのでは。

 

先方もそれを見越しているような気がしています。

 

2年間の猶予はある意味、餌ではないでしょうか。

 

脱線していまいましたが、この新しいセコマという商号がややこしいと巷では話題になっています。

セコムステマと間違えやすいと。

確かに似ていますからね。

 

しかし、全く違う名前にしてしまうと今迄、定着してきたブランド力を手放すことになります。

また、名称を変更する場合もセコマなら文字を減らすだけで済むのでコストが安くあがりそうです。

 

セイコーマートの時は、性交マートと呼んでいた人もいました(笑)

店舗名は継続されていくので、今後も性交マートと呼ぶ人がいるかもしれません(笑)

 

確かに名前は短いほうが正しく覚えて貰えるメリットがあります。

 

どうやら、海外進出も検討しているらしく外国でも広がりやすい名前にしようという意図もあるようです。

 

しかし、日本の大手企業も最近は勢いがありませんね。

業種によりますけど。

家電系は、かなり待遇面も年々、低下しているようです。

友達が大手の家電メーカー勤務なんですが、こぼしていました。

 

そういう意味でも時代の流れを感じますね。

 

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。