読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kobaの気になるトレンド情報♪

1分間で読める気になる記事を紹介しています!!

エールフランス機2機パリ行き爆破予告で緊急着陸?! 

 

 

Kobaです!!

 

久しぶりに旅客機の事件をマスメディアで目にしました。

もしかしたら私だけでしょうか。

調べてみると日本を含めて世界各国でかなりの墜落事故が起きているようです。

 

⇒航空事故の一覧~2000年代篇

 

 

今回は、墜落事故ではなく爆破予告による緊急着陸でした。

 

アメリカからフランスに飛行していたエールフランスの旅客機が2機、11/17に爆発予告を受けてアメリカとカナダに緊急着陸しました。

 

2機とも無事に着陸。

 

良かったです。

 

爆発予告ってテロ関係なんでしょうか。

 

 

 

何でも、エールフランス65便はロサンゼルスからパリに向けての飛行中に地上から爆発予告を受けた為、ソルトレークシティー空港に着陸。

 

そのエールフランス65便の爆発予告の直後にワシントンからパリに向かっていたエールフランス55便も爆発予告を受けて、カナダ・ノバスコシア州ハリファクス空港に着陸。

 

まだ、逮捕者や問題のありそうな乗客は現段階では分かっていない様子。

 

2つの爆発予告に関連があるのか、まだ、分かっていません。

 

 

調べてみたのですが今年の5/25にもパリ発ニューヨーク行きのエールフランス機が緊急電話で緊急着陸した事件があった模様。

 

⇒エールフランス機~脅迫電話で緊急着陸

 

 

この事件も関係があるのでしょうか。

 

現在は、FBIなど複数の当局が脅迫の詳細の確認にあたっているようです。

 

現時点で分かっているのは、エールフランス65便に搭乗していた男性の証言ではパイロットが緊急着陸の必要性があると乗客にアナウンス。

 

乗客は全員、ロビーで待機させらている為、何が起こっているのか知る由もないとか。

乗客は、FBIの取り調べを受けているようです。

 

 

 

こういう事件は、すぐに株式にも影響します。

 

株式の動きを見ていれば世情が分かると言ってもいいでしょう。

 

このパリ同時多発テロの事件直後、空運株が売却されています。

どうやら投資家のリスク回避のようです。

 

 

 

そして露外務省は、今回の事件はパリ同時テロ、トルコの首都アンカラで起こっている爆弾テロなどに関連する一連のテロ事件と見なしてるようです。

 

このテロ組織はシリア領内の過激派組織ISですが、米欧露はIS攻撃を強化する考えです。

 

ロシア軍が11/17にISの拠点に初めて集中的に空爆を行ったと発表しています。

 

恐ろしい…。

戦争にならなければいいですが。

 

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。