kobaの気になるトレンド情報♪

1分間で読める気になる記事を紹介しています!!

交流分析って面白い!自分の中に5人の自分がいる?!

 

kobaです。

お久しぶりです。

 

最近、週6で外に出ているので更新が滞ってしまっています。

気がつけば、もう9月の半ば…。

 

今年は、台風が多いですね。

 

話は変わりますが、最近、交流分析の勉強をする機会がありました。

交流分析とは心理学の一端なのですが、人間を客観的に分析することで、どのようなタイプなのか分類することができます。

 

人間には誰にでも5人の人格が存在します。

 

支配的親であるCP(Critical Parent)

養育的親であるNP(nurturing parent)

成人であるA(adult ego state)

自然体な子供のFC(free child)

順応した子供のAC(adapted child)

 

誰しも、この5つの人格を持っていますが、その割合がバラバラなんです。

 

こちらの無料診断でチェックされると、あなたの性格の癖が分かります。

 

⇒エゴグラム無料診断

 

このテストの面白い点は、自分で診断した結果と第三者が自分を見て診断した結果が違うことです。

 

また、自分が成長したり、結婚などで生活環境が変わると結果が変わったりします。

 

ちなみに心理カウンセラーには、アダルト(A)の割合が高い人が向いてます。

何故ならば、常にクライアントに対して感情的にならずに冷静に対応しないといけないからです。

 

心理カウンセラーになった知人は、カウンセラーになってからアダルトの数値が高くなったそうです。

 

幼少期は、親の性格の癖の影響を多大に受けるので、でアダルトチルドレンになったり、自閉症になったり、天真爛漫に育ったり変わります。

 

内部交流の重要性

人間は円滑にコミュニケーションが取れていれば、物事がスムーズに進みますしストレスも溜まりません。

 

しかし、往々にして自分の予想に反した答えが返ってくることが多いのではないでしょうか。

それは、効果的でない内部交流になります。

これは、交叉的交流と呼んでおり、時には喧嘩になったり話が途絶えたり不快の種になります。

 

こういう時は、アダルトで対応すると上手くいきます。

くれぐれも、相手の流れに巻き込まれないようにすることが大切です。

 

お互いに気持ちの良い対人関係を築くためにも、相手との会話には注意したいですね。

 

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。

 

プリウス試乗味ガムはトヨタとロッテのコラボ!どんなガム?!

 

こんにちは♪

kobaです。

 

いやあ、面白い企画を発見しちゃいました。

 

その名も「プリウス試乗味ガム」。

 

これって、一体何なのでしょう?!

 

何でも、ロッテでチューインガムを研究開発している人がプリウスに乗り、その感覚をガムで再現した商品だとか。

 

プリウス独自の心地よい走行感をガムで再現するために、適度な噛み心地とスペアミントとペパーミントをブレンドしてパワフルでエキサイティングな走りやハンドリングの楽しさを表現したそうです。

 

このガムは、デザインが全部で59種類あり限定配布されるそうです。

 

市販はされておらず、トヨタに行くともらえるようですね。

 

他にも8/31まで限定販売されているBLUE BOTTLEとコラボしたコーヒーシリーズもあります。

 

こちらは、販売もされているようですが数に限りがあるので早い者勝ちかも。

 

⇒プリウス試乗味コーヒー

 

 

最近は、普通に車を展示しているだけでは客寄せができなくなっているのでしょうか。

 

イデアとしては、とても面白いと思いました。

 

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。

 

 

ダイエットオタクは依存症の一つ?!

 

 

お久しぶりです。

kobaです。

 

暫く、更新できない間に巷は夏休みになっていました。

 

夏休みは、今、オリンピックを開催していることもあり、自宅に籠り朝から深夜遅くまでテレビの前にかじりついている方もいるのでは。

 

そうなると、夏太りも危惧されてきます。

この暑い季節は、アイスクリームや冷たいジュースなどや、ビールなどを頻繁に摂りやすい環境が蔓延しています。

 

あまり、身体を動かさないと余計に怠くなるのが人間の身体です。

適度に身体を動かしていれば、疲れにくい身体を手に入れることができます。

 

★ダイエットオタクは心が寂しい

ダイエットオタクって、聞いたことはありますか?

ダイエットに関することなら、何でも飛びつく人のことです。

 

実は、ダイエットも出会いだとか。

相性が悪ければ長続きせず、結果もでないことに。

 

そして、ダイエットを成功させるには、まず、心を満たしてあげることだとか。

 

心が満たされていないと、ダイエットに依存する流れに変わってしまい結果もついて来なくて、ますますエスカレートするという悪循環になりやすいそうです。

 

ダイエットディナー会が女子の間で広まりつつある?

月に1度程度の女子会でダイエットに効果のある食材を使ったレストランや、身体に良い無添加食材のお店で定期的に、ダイエットディナー会を続けている女性達も出てきているようです。

 

お店での情報交換もできて、会話をすることで心も満たされるので、相乗効果があるようです。

女性ですと、足の引っ張り合いをしてダイエットを続けるのに逆効果になることもありますが、是非、相手を選んでダイエットディナー会、続けていくと良いと思います。

 

どんなことにでも、切磋琢磨できる仲間がいるということは、とても良いことですね。

 

★一人だと依存症になりやすい

私もそうなのですが、日々の中で仕事があまりにも忙し過ぎて、どうしてもストレス発散にビールを飲みたくなります。

ある意味、それがないと1日が終わらない。

完全に依存状態です。

 

何もビールを飲むことが悪いことではないのですが、それがないとストレスが解消されない点に問題があると思います。

 

ダイエットも一人で続けていると、どうしても過敏になりがちではないでしょうか。

結果よりも、それをしていることで安心感を得るような。

 

時には、自分を客観的に観察することも大切かもしれません。

 

私も、ビールをやめなければ。

 

 

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。

 

目が悪いと認知症になりやすい?!

 

kobaです。

 

あなたは、視力は良いですか?

実は、この視力なんですが目が悪いと目から入ってくる情報が減少することで認知症になりやすいのだとか。

 

一見、目と認知症って関係ないように感じますが密接な関係があるようです。

 

そういう意味では、見えないことに慣れる生活をするのはよくないということですね。

私は、レーシックをする前はかなりの近視でした。

時には、コンタクトもメガネもせずに生活していた時もあり、見えないことに慣れていたんですね。

 

視覚から入ってくる情報が脳を刺激するのは、なんとなく理解できますが、見えないときは非常に身体の疲労度が大きかったのを覚えています。

 

そして、目に良い食材ではブルーベリーが有名ですが、目の症状により効果的な栄養素が違います。

 

最近は、視力回復に効果があると言われているルテインが注目されています。

ルテインは、ポリフェノールの仲間で体内に入ると目に関する活性酸素を取り除く働きをしてくれます。

どんな目の症状にも効果があるとされている優れた栄養素です。

 

ルテインが多く含まれている食材は、ほうれん草、ブロッコリー、ケール、ゴーヤなどです。

 

ほうれん草なら、1日1/3束食べると目に効果があると言われています。

 

他にもドライアイにはビタミンAやDHAEPA白内障と老眼にはビタミンC、眼細胞の破壊予防にビタミンE、目の活性酸素を除去にはアントシアニン、免疫力アップにはαリノレン酸

 

様々な目の状態に効果のある栄養素があります。

 

特にαリノレン酸は、体内で作ることができない為、積極的に摂取することが大切になってきます。

αリノレン酸が多く含まれている食材は、くるみやアマニ油とえごま油です。

 

 

私も最近、週の半分以上は外勤をするようになり食生活が忙しさに追われてランチは、コンビニのおにぎりという生活をしていますが、お互いに食事には注意したいものですね。

 

 

今日も最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

ゲリラ豪雨は予測不可能?回避する方法とは?!

 

kobaです。

 

お久しぶりです。

 

外勤で仕事をするようになり、ドンドン仕事量が増えて更新が滞っていました。

 

お元気ですか?

 

もうすぐ関東を梅雨明けの予感ですね。

 

今日は、とても冷たい雨が心地よい1日でした。

 

さて、梅雨が明けると局地豪雨が多いシーズンになりますが、この豪雨、予測不能ということを御存知ですか?

 

最近は、地球温暖化の影響で短時間に大量の雨が降るゲリラ豪雨が頻発するようになっているとか。

 

短時間だからよいというものではなく、もし、遭遇したら傘なんてさせないですからね。

それこそずぶ濡れになってしまいます。

 

雨だけでなく雷も伴うので注意が必要です。

 

この前のゲリラ豪雨で自宅のブレーカーが一部落ちてしまったのですが、元の電源が入っているのでパニックになってしまいました。

 

夜の時間帯にこういう事態が起きると本当にパニクリますよね。

その日は、熱帯夜で自宅は閉め切っていたので蒸し風呂状態。

 

自家発電タイプの懐中電灯でスマホで打開策を汗だくになりながら調べることに。

 

今回、勉強になったのは、ブレーカーって一部だけ落ちるんですね。

冷蔵庫などは問題なく電気がきていたのですが、照明関係がアウトでした。

 

そして、一瞬の雷だけで簡単にブレーカーって落ちるんだと思ってしまいました。

 

このゲリラ豪雨は、現在では短時間なのもあり予測するのは困難だとか。

 

前兆としては、冷風や黒雲などに遭遇したらゲリラ豪雨が来るかもしれないので避難するのが無難だそうです。

 

短時間のゲリラ豪雨ですが、都市に於いては地下浸水が原因で地下鉄が止まったり地下街が浸透して死者が出るなど侮れない災害です。

 

 

今年のゲリラ豪雨のピークは8月上旬と予想されています。

8月と言えば台風のシーズンでもありますが、主に関東甲信越は発生する確率が高いので注意が必要のようです。

 

今日も最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

日本の食生活の危機をマクガバンレポートで再認識しよう!

 

kobaです。

 

日本人は農耕民族で昔からヘルシーな食生活をしてきましたが、現代はその日本人の食生活が崩壊しつつあるようです。

 

アメリカは年々、国民の摂取する野菜の量が増えているのにも関わらず、日本では年々、減少傾向にあるとか。

 

アメリカはジャンクフードの国で肥満などが問題視されてきていましたが、「マクガバンレポート」により国民が食生活を見直すことになったのだとか。

 

マクガバンレポートは、1977年にニクソン大統領が当時の膨大な医療費を削減させる為、アポロ計画の予算を大幅に削減して調査を行いアメリカ人の食生活を5000ページにまとめたものです。

 

内容としては肉食に偏った食生活、塩分や砂糖の過剰摂取などが成人病や脳卒中、ガンなどの要因になるということを指摘しています。

 

このレポートが発表されることでアメリカでは食生活の重要性を見直し病気にかかるリスクを減らす研究が行われることになりました。

 

例えば、ガンの発症率を下げるには海藻、果物、野菜などを食生活に摂り入れる必要があること。

植物性食品の中には約600種類のガン予防の作用がある科学物質が含まれていることなどが研究で分かっています。

 

その結果、アメリカ人の野菜の摂取量が増加することに繋がったのです。

 

★日本の食生活の現状

今の日本では政府が国民の健康には無関心なようです。

 

ジャンクフードやコンビニエンスストアでの食事など手軽にできる代わりに栄養面での問題が危惧されます。

 

日本では加工食品が氾濫しており、本来の栄養素の重要性が無視されつつあります。

加工食品には防腐剤を含め身体に害のある添加物も含まれています。

 

特に食物繊維の摂取量が不足しがちな傾向があります。

1日に必要な食物繊維は成人男性で20g以上、女性は18g以上が理想とされています。

 

食物繊維が不足すると生活習慣病にかかりやすくなります。

不足した栄養素はサプリメントで補うことも可能ですが、身体の健康面を考えると可能な限り自然の食材で摂取することが望ましいのではないでしょうか。

 

 

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。

 

NPO法人「ほっとプラス」は現代人の駆け込み寺?!

 

kobaです。

 

いよいよ、沖縄では梅雨明けですね。

そして関東も向こう一週間の天気を見ると最高気温が30度超えで、気温的にはもう夏を感じさせるような感じがしています。

 

さて、最近、日本では高齢者だけではなく若年層にも貧困の危機が訪れているとか。

 

少し前に大学生をターゲットにしたマルチビジネスがニュースで放送されていましたが、女子大生が風俗に走り、若い男子は詐欺まがいのビジネスにハマるというのは本当なんでしょうか?

 

大学の学費を奨学金を利用した為に返済苦になり身を落とすことになるとか。

相談を受ける大人が奨学金を返済する為に水商売を勧めるケースもあるそうです。

 

そんな中、高齢者対子供と若者という立場で国の予算の争奪戦が始まっているとか。

高齢者の医療費の支援よりも若者や少子化問題が優先されるべきだという意見もかなり前から出ていますね。

 

そういう色んな事情で経済的に困窮した人達を救済するのがNPO法人「ほっとプラス」なのだとか。

 

この施設では、様々な事情で住まいを失ったり、職を失った人を受け入れて支援する活動を行っています。

年齢性別問わず、利用できるそうです。

 

ただ、ここの考え方は社会主義的であり資本主義社会にはそぐわないと思いました。

中産階級以下の人全員に国から住宅手当などの支援を与えるというのは、そうなのではないでしょうか。

 

しかし、雇用されて働く職種で介護や保育士などは過酷な労働で低賃金。

最近では、介護職には就くなと言うフレーズがあるくらい、その現状は凄惨さを極めるようです。

ブラック企業として名を連ねているのも介護関係が多いとか。

 

まさに、自分の身は自分で守る時代が訪れていると言っていいのかも。

 

悩み相談で、「身体を売って1回あたり3000円は安いでしょうか?」という質問を受けたことがありますが、今は、本当に風俗も下層クラスですと稼げないそうです。

昔のように身体を売ることの価値も変わってきているのですね。

 

NPO法人って怪しい団体の集まりだと思っていましたが、「ほっとプラス」のような有意義な活動をする団体が増えることを願っています。

 

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。